5人死亡の「毒」事件 疑わしきは…

印刷

   <今週のワイドショー通信簿>5人が殺害された「名張毒ぶどう酒事件」(1961年)で、最高裁は2010年4月5日付で、再審請求に関する審理を名古屋高裁に差し戻す決定をした。再審が開始される可能性が出てきた。

   4月7日に2通信簿が取り上げた。「~『疑わしきは罰せず』と科学捜査」(とくダネ)、「~鳥越『時間かかり過ぎる』」(スパモニ)。

   とくダネ通信簿は、女優高木美保のコメントを紹介した。過去の自白強要やえん罪問題の話題を受け、高木は「『疑わしきは罰せず』がクローズアップされるような気がする」と指摘した。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中