吉田えり米独立リーグ入り 悩み抜いた上での決断

印刷

   アメリカでのプレーを目標としていた女性野球選手、「ナックル姫」こと吉田えり投手の米独立リーグ入りが決まった。2010年4月9日のブログであらためて報告するとともに、今後の豊富を語っている。

「この度、チコ・アウトローズに入団が決まりましたので、ご報告させていただきます」

   悩み抜いた上での決断だった。挑戦を決意させたのは「今しか出来ないこと、このチャンスを逃したくない」からだ。吉田投手は2010年1月、アメリカにわたり、アリゾナで行われているウインターキャンプに参加していた。

   実際の練習や試合を経験したこと、尊敬するナックルボーラーのティム・ウェイクフィールド投手(レッドソックス)に会うことができたことが、アメリカ行きに対する気持ちをますます強めたらしい。自身の武器であるナックルボールは、さらなる磨きをかけたいという意欲もある。

「その時、自分の信じた道に進むべきだと思いました」

   入団が決まった今、また自分の「夢」を追うことができ、素敵な経験が待っていることに感謝している。もっとも、日本のチームからも誘われていただけに、「日本で、みなさんに恩返しが出来なくて本当すみません」と一言添え、これからも応援してもらえると嬉しい、と語った。

   コメント欄では「思いっきりプレイしてほしい」「好きな野球のために立ち止まらずがんばって!!」「悔いの残らない様にプレーして下さい!」といったエールが寄せられている。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中