「働かずに子作り」と生活保護 虐待死は「行政の未必の故意」説

印刷

<テレビウォッチ> また、幼児を虐待死させた疑いで親が逮捕された。大坂・寝屋川市の1歳8か月の女児を死なせたとして4月9日、父親(26)と母親(27)が逮捕(傷害致死容疑)された。

「分からないはずはない」

   親からの119番で意識不明状態の子どもが病院に収容されたのは1月だったが、1か月半後の3月はじめに死んだ。子どもは顔に複数のアザがあり、アゴの骨が折れていた。また体重は平均の半分の6.5キロしかなく、タバコを押し当てたような跡もあった。

動物的

   夫婦には女ばかりの4児があったが、死亡したのは3女で、他の子どもは普通だという。なぜこの子だけ?という疑問に専門家は、虐待死の半数はこれにあたるという。ひとりだけ手がかかる、あるいは親の嫌なところが似ている、などの理由が多いとか。

   虐待を知る手がかりのひとつが、幼児の定期検診だが、この子は1度も受けておらず、寝屋川市が家庭訪問や両親の面談を12回も行っていたが、顔のアザについても母親が「次女がたたいた」というのを受け入れて、虐待とは思わなかったという。

   子どもが死んだあとでかならず聞かれる話だ。近所の証言を聞いても「昼夜を問わず泣き声が」といっている。勝谷誠彦が、「分からないはずはない」といっていたが、その通りだと思う。

   加藤浩次は、「体重が標準の半分しかなかったとは……」

   三船美佳は「それを見ても、(虐待は)生まれてすぐから始まっていたことがわかる。姉たちもそれを見て育っている」

「説明する責任ある」

   それよりも、この夫婦は無職で、生活保護を受けていた。勝谷がこれに切り込んだ。「どういう事情で働かないのか。特別体が弱いとか……何なんだ」

   レポートの西村綾子が、「それは個人情報で……」といいかけると、勝谷が切れた。「そんなもの個人情報でもなんでもない。ボクらの税金から出してんだよ、こんなやつがなんで保護受けてるんだ。個人情報というんなら、公金なんだから、行政は説明する責任がある」

   他の虐待事件も親が無職というのが確かに多い。おそらく誰もが頭にあることだが、おそらくテレビでこれに触れたのは初めてだ。

   加藤が「警察が入れない部分もある……」

   勝谷「法律的にはそうかもしれないが、おかしいよ」

   テリー伊藤「子どもが3人いる段階で生活保護を受けていながら、また子どもを作っている。どっちかというと動物的ですよね。育児や働いてないという夫婦のストレスを子どもに押し付けてる」

   勝谷はさらに過激に。「こういう働かない人間を保護して、子どもをつくらせている。行政にだって、未必の故意がありますよ」

   加藤があわてて、「わからないことだってありますよ」

   勝谷「踏み込まなきゃわかりようがないじゃないか」

   行政も警察も、もっと踏み込んでいいのではないか。この議論、どうやら勝谷に分。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中