第2のスーザン・ボイル? 今度は「美声のふとっちょ」

印刷

<テレビウォッチ> 大竹真の「NEWSッス」が、台湾の番組から「第2のスーザン・ボイル誕生」という。何だ何だ?

台湾オーディション番組

   スーザン・ボイルといえば、イギリスのオーディション番組で、見かけと声とのあまりのギャップが衝撃で、確か優勝者よりも人気を博してしまった人。つまり、見かけと似合わない実力ということになる。

一気に

   で、話題の人は、林育群という24歳の青年だ。身長171センチ、体重115キロというから、まあメタボは間違いない。顔もボッチャリのニキビ面でおかっぱ頭。

   今4月2日の台湾のオーディション番組で歌った様子が話題になった。動画サイトYouTubeなどにのったために、10日間でアクセスが400万を突破。本人も「夢のようです。目が覚めたら自分のニュースを目にしたから、とても不思議」という。さて、いったい何を歌ったのか。

   ということで、流れたのがなんと、ホイットニー・ヒューストンのヒット曲「I will always love you」。彼女がケビン・コスナーと共演した映画「ボディー・ガード」の主題曲だ。それを女性の音域で歌った。

ネットの力

   スタジオもあぜん。加藤浩次が「ギャップですね」

   この青年、楽器店でアルバイトをしているのだそうで、この体型でピップホップダンスも得意なんだとか。愛称は「美声のふとっちょ」。

   「で、オーディションはどうだったんです?」と加藤が聞いたが、「先週放送の番組で敗退してしまったと」と大竹。加藤は「落ちても、これ話題になりますよね」。テリー伊藤は「You Tubeってすごいよね。こういう新しいスターが出てくる。アフリカとかインドとかでも、出てくるかも」

   スーザン・ボイルも、You Tubeで9日間に1億回を超える視聴を記録した。その結果CNNの「ラリー・キング・ライブ」に出たり、昨2009年の紅白歌合戦で、歌うことにもなったわけだ。

   加藤「一気に注目をあびるわけですからね」

   まさにネットの力。世界が舞台になるのだから伝搬力はけた違い、とはいえ、最後はやっぱり歌そのものが問われるんだろうね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中