「高速無料化」やめたのか 副大臣の「言い訳」

印刷

   <テレビウォッチ>キャスターの赤江が、赤い文字で『政権交代』と書かれた例の民主党マニフェストの小冊子を手に「これも今は懐かしくなりました」と、実質値上げとなる高速道路に新料金制度を取り上げた。

実質値上げ

   「『原則無料化』としっかり書かれていたんですがね。さて、何処へ行ってしまったんでしょうかね~」(赤江)というわけで、スタジオに生出演した担当の馬淵国交省副大臣が槍玉に……

懐かしく

   新料金制度によると、普通車は70キロ以上走行すると上限2000円、環境にやさしい軽自動車、エコカー(燃費20km/1?)は40キロ以上で上限1000円となる。

   番組では、普通車の平均走行距離は47キロだから、恩恵を受けられない人のほうが多く、「実質値上げだ」と指摘した。

   赤江が「原則無料化はもうやめたのですか?」に、馬淵副大臣は「休日1000円は来年3月で廃止されます。今回の新制度は来年3月になると料金が急に高くなるので、平準化させておくのが狙いです。原則無料化は4年間で段階的に進めることに変わりありません」

   その一方で、昨2009年「コンクリートから人へ」の理念で、一時凍結された高速道路建設の4車線化が小沢幹事長の鶴の一声で復活、その決め方も何やら党利党略の臭いが……

知事選と4車線化

   今10年2月に行われた長崎県知事選。小沢幹事長が現地で「高速道路が欲しいということならば、県で高速道路を作ることもできます」と、暗に『長崎線4車線化』の凍結解除をにおわす発言を。

   ところが、自民党の支援する候補者が勝利した結果、長崎は4車線化から外された。

   スタジオではまず、タレントの松尾貴史が「小沢さんが言ってた方向が(逆に)裏付けられた印象なんですけど……」と。これに馬淵副大臣は「いや、違います渋滞について再検証した結果、10キロ以上の渋滞がゼロだったからです」と苦しい答を。

   いろいろ釈明はするが、マニフェストに書かれた公約が実現されずに、約束が反故にされていく現状は否めない。

   鳩山首相が大見えを切った沖縄の米軍普天間基地5月決着も今や困難な状況になっており、参院選前に鳩山政権が崩壊する可能性もささやかれ始めているのだが……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中