深夜に都内さまよう岡村隆史 「救世主」となったのは誰?

印刷

   お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史は大阪と名古屋で映画のプロモーションを終えて都内の自宅に到着したら、「大事件」に遭遇した。

   2010年4月11日の記事によると、鍵を出そうとカバンの中を探したが、ない。カバンをひっくり返してみたりして何度も調べたけれど、やっぱりない。「無いもんねー鍵無いもんねー」とマンションのエントランスでパニックになった。マンションの緊急連絡先に連絡してみたところ土日は担当者が不在だと言われ、鍵の専門業者に聞いたら到着まで最短でも1時間半以上かかるという。時刻は午後11時半で、行くあてもなく「コンクリートジャングル東京」を歩き始めた。

   途中、マネジャーに連絡して、ホテルをとってもらえないかとお願いしてみたが土曜の夜12時前はなかなか空きがない。再び歩き出したところにマネジャーから「岡村さんの鍵らしきものを発見したかもしれません」と連絡があった。どうやら2日前に自宅から乗ったタクシーの中に鍵を忘れてしまい、タクシー会社に保管してあったようだ。「救世主」となったマネジャーに改めて感謝している。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中