2018年 7月 17日 (火)

ニセ人事で部下から100万 厚労省では「犯罪ではない」らしい

印刷

<テレビウォッチ>「お前、地方に飛ばされるようだぞ」。後輩の同僚にウソの転勤話を伝え、カネで回避工作してやるなどと持ちかけ、信用した同僚から100万円をだまし取った男性が逮捕――ではなく、厚労省を依願退職したことがわかった。

退職金は…

   そのニュースを聞いて、司会のみのもんたは「でも、払うほうも払うほうじゃないの」と、こんな話に釣られて100万を払うというおマヌケぶりに苦笑気味である。

嘆かわしい

   他のコメンテイターは、妥当でありがちな視点――役人の身内処分の甘さ、退職金の支払いについて言及する。「(依願退職ということは)退職金とかは、いただけるわけですよね」(田中雅美・スポーツキャスター)に「これは刑事犯罪ですよ。退職金払うっておかしいですよね」(片山善博・慶応大教授)といった具合である。

   ただ、みのだけは「嘆かわしい。情けないね、いや両方とも。しかも厚生労働省」と、加害者・被害者双方に苦言を呈していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中