普天間?決着しますよ5月に 来年の…説

印刷

<テレビウォッチ> それにしても食事前のわずか10分間とは。オバマ大統領が鳩山首相との直接会談に割いた時間である。笠井信輔アナによると、中国の胡錦濤主席とは1時間半、南アフリカ、インド、パキスタンなどの各国とも1時間は話しているそうだ。ディナーの席に連なった首脳連は「何もここで話さなくても」と、変な目で見ていたのではあるまいか。

たった10分

   鳩山首相は「5月末までに決着すると申し上げた」と語ったが、アメリカ側の発表は、基地問題に関して触れていなかったという。笠井が言うように「遠ざけられている感じ」だ。

冗談も

   小倉智昭が「10分で(普天間移設を)きちっと説明ができるわけない。ただ沖縄の負担軽減とか、気持ちを述べるにとどまったのでは」と口にする。

   通訳を挟んでの会談ではあるし、半分は核の問題を話したというから、肝心の「普天間」については「2、3分の会話でしかない」(笠井)ようだ。

   小倉が「腹案がどういうものか伝わってこない」と言ってコメント陣に振る。高木美保は「あいまいな環境の中で、候補地にあげられて、徳之島の方は不安に駆られて、気の毒」と言い、デーブ・スペクターは「腹案が出てもアメリカ軍からも反対意見は当然、出るだろうし、決着がつくのは、来年の5月かと思うくらい」と皮肉る。

   小倉が「ことしの5月とは言ってなかったか」と喜ぶと、笠井が「そんな冗談も本当のような感じになってしまった」とまとめた。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中