ギリシャにみる「日本の未来」 怒りの税金未納起きるか

印刷

<テレビウォッチ> 「日本の未来の姿ではないか? とギリシャに行ってきました」とリポーターの玉川徹が、財政危機が叫ばれているギリシャを取り上げた。

「最悪のシナリオ」

   人口は東京都よりちょっと少ない1100万人、2008年のGDP (国内総生産)は3575億ドル(約33兆3600億円)で日本の7%程度。どこが日本の未来の姿に通じるのか。

   で、まず取り上げたのが日本の現在の姿。国の借金973兆円、赤ちゃん含めて国民1人当たり763万円の借金をいつどう返していくのか見通しゼロ。このままでは最悪のシナリオが待っているというわけで、挙げたのが次の3点。

   ひとつは金利の上昇。政府の借金である国債の金利は現在1.4%。その金利支払い分だけでも年間10兆円をあてている。この金利が5年以内で2~3%に上昇することは100%可能性があるという。

   ふたつ目は1年間で物価が数倍から数十倍にハネあがるハイパーインフレ。なぜ今のデフレが超インフレになるのか説明はなかったが、これも20%ぐらいの可能性があるという。

   みっつ目はハイパーインフレでカネの価値が下落するために超円安が現出するという。

   つまり、将来の日本の最悪シナリオが、今のギリシャだということらしい。で、ギリシャの現状を探訪してみると……

ギリシャ現地報告

   空港から都心へ向かうメイン道路沿いのあちこちに建設中止のビルの無残な姿が。聞くと「今は厳しいので、借り手のメドがつくのを待っている状態」なのだという。

   到着日はちょうど独立記念日で、国会議事堂前では軍事パレードが行われていた。 ところが兵隊が行進しているだけ。動力で動くものは出さないことにしたのだという。その結果500万ユーロが節約できたとか。

   仕事の都合で、ギリシャに35年間在住しているという日本人の女性(68)を訪問し、朝市を案内してもらった。

   ホルタ菜っ葉という野菜が1キロ当たり4ユーロ(約500円)。野菜の値上がりがひどく、鶏肉(1キロ3.2ユーロ)のほうが安いとかで、ハイパーインフレ直前の様相という。その一方で、公務員の手当ては10%削減され、税金は消費税はじめ多くが増税に。

   何故こんなになってしまったのか? ギリシャは昨2009年10月に政権交代が実現。新政権が前政権時代の債務が積み上がっているのを公表、役人の汚職も数々明るみに出て、国民の不満が爆発。税金の未納者が急増したのだという。

   ところが、EUが支援してくれるので破たんすることはないという楽観論が多い。玉川によると「日本と共通しているのは、この『危機感のなさ』だと思う」という。

   共通点が今ひとつ分からない。単に煽られているだけのような感じが……というと危機感がないと怒られるかも。漫画家のやくみつるも日本の未来の姿が結びつかないのか、「日本の今のデフレとハイパーインフレどちらが勝の?」。これに玉川は「市場しだいです」。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中