2018年 5月 22日 (火)

間寛平、治療で「マラソン」中断 でも帰国しないワケ

印刷

   <テレビウォッチ>地球1周3万6000キロのアースマラソンに挑んでいる間寛平(60)が、トルクメニスタンからきのう(現地4月14日)、ビデオで「前立腺ガン治療」のため、一時中断すると伝えてきた。

2か月間アメリカで

   荒涼としたトルクメニスタンの大地をバックに寛平は、「2か月間アメリカで放射線治療をすることになりました。必ずここへ戻ってきます。みなさん待っていてください」と淡々と話した。

   一昨(2008)年12月に大阪をスタート、翌1月に千葉をヨットで出発して太平洋を横断、米大陸を4か月で走り、再びヨットで大西洋を横断。昨年8月からユーラシア大陸横断にはいっていたが、陸路1万キロを達成したトルコで、前立腺ガンがわかった。

   当時、「ひょっとして死ぬんかな、と不安で眠れなかった。でも、抗生物質のみながら走れるといわれ嬉しかった」と語っていたのだが、今回の決断は、いま治療した方がいいという医師のすすめを「嫁(光代夫人)とスタッフが判断した」結果だという。

日本食

   加藤浩次は「マラソンを完走するために、一時中断するんだと」

   テリー伊藤は「普通なら日本へ帰ってきて日本食食べた方がいい。アメリカではパンでしょ(笑い、みんながやがや)……いや、食事は大事ですよ。でも、帰ってしまうと、心が折れちゃうという気持ちもわかる。前立腺ガン治療には温泉とか、和食とかいいんですがね……」と、これは珍説? アメリカにだって和食はあるでよ。

   再スタートは6月下旬がめどだそうだ。テリーはこれに、「2か月治療して、普通ならさらに静養してとなるのに、走るんだから大変。ボクと同い年ですよ。中断して戻ってくる勇気、ボクらの世代にはなかなかができないんだが、ケロッともどってここからまた、ってのはいい」

   加藤が「悪くなってるわけではないから、心配しないでといってる」

   しかしテリーはなおも「視野狭くなってないかな?」などとしきりにいう。どうも彼は日本に帰った方がいいと思っているらしい。

   が、加藤は「寛平さんは海外よく知ってるから……」。案外そうかもしれない。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中