青木裕子のドアップ 膳場貴子の心中は

印刷

「NEWS 23クロス」(TBS) 2010年4月12日 22時54分~

   4月からの新顔ニュースキャスターたちについて、頻々とメディアから意見を求められるので、「えいやっ、まとめて面倒みよう」とばかり当番組もチェックしてみた。スポーツ担当の青木裕子アナのドアップカメラが、酔眼朦朧の帰宅親父に受けているとかいないとか諸説あり、まず、その青木裕子から眺めてみた。
   まだまだ寒い花冷えの季節の、深夜近い夜中の番組で、彼女はほとんどノースリーブの白いブラウスでインタビューしていて、スタジオでもノースリーブの黒いブラウス。硬派のニュース番組の中で、肌を出して男に媚びる必要は全くあるまい。副調整室の幹部の命令なのか。なるほどカメラは美しい彼女の横顔から正面まで舐める様にアップで映し、メインの膳場貴子には素っ気ないのだ。これでは膳場は「僻むだろう」と思っていたら、案の定、この日のハイライト企画、浅田真央ちゃんインタビューに膳場までが付いてきた。スポーツ選手へのインタビューには青木だけで十分ではなかったか。
   膳場の横に座っている松原耕二は、事件記者風の強面であるが、外からつれてくるタレントもどきよりはずっといい。料治直矢以来、TBSには報道局員によるキャスター成功の良き経験があるのだから、右顧左眄せずに社員を活用したまえ。ただし、あまり優秀でない某シニア コメンテーター女もいて、玉石混交だから困るが。ニュースの内容と斬り方については後日また触れる。

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中