上海万博とパクリ疑惑 「歌なし」の事態に?

印刷

<テレビウォッチ> 来5月1日に開幕する「上海万博」のPRソングに盗作の疑いが出ている問題で万博事務局はきのう(4月18日)、「著作権に関して問題が発生している。PRソングの使用をしばらく停止する」と発表した。

著作権と中国

   問題のPRソングは「2010年は君を待っている」。ジャッキー・チェンら中国の人気タレントや歌舞団が派手に歌い上げて、その映像が開幕を大いにあおっていた。

   ところがこれが、日本のシンガーソングライター岡本真夜の「そのままの君でいて」に酷似しているとの指摘が出ていた。しかし、中国の作曲家は、「軽やかな感覚を伝えたいので、新しいスタイルを使った」と自分の曲だと主張していた。

   しかし、あの中国が、あっさり「著作権上に問題あり」と認めたこと自体が、真相を示しているともいえそうだ。そこで、ここがテレビの強み。この2つをじっくりと比較してみせた。リズムやメロディーの全体の感じがだけでなく、細かい部分を克明に比較、連続して聴いてみると、これは確かに似ている。

   加藤浩次は、「あの部分が似ているということじゃないから……言い逃れはできないでしょう」

   勝谷誠彦「君ということばといいイメージといい、丸ごともらったという感じですよ。大阪万博の『こんにちは』の歌があったでしょう? あれが盗作だったら大変なこと」

   テリー伊藤は「泥棒と一緒ですよ(笑い)。中国もはっきりと認めないといけない」

   勝谷「中国は知的所有権がいちばん問題なんだから。恥ずかしいところが出ちゃった。国の威信をかけた場でね」

   テリーはなおも「これ、現金盗んだのと一緒ですよ」といってる。

   一方の岡本側は、HPで「調査中」とのことだが、さあ、中国国内はどうなるんだろう。開会式は歌なしになるのか?

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中