宮里藍メジャー観戦「イチローさんの儀式・仕草に学んだ」

印刷

   女子プロゴルファーの宮里藍選手が2010年4月18日のブログで、メジャーリーグ観戦で、はじめてイチロー選手のプレーを間近で見たことを報告している。

   シアトルにはトレーナーに体のケアをしてもらっていた関係で、ちょうどタイミングよく、マリナーズのホームゲームに足を運ぶことができたのだ。

「いやーーー楽しかったです!久しぶりのメジャーリーグ観戦でしたが、5年目にして初めてイチローさんのプレーを見れました!!」

   間近で見たイチロー選手は大きかったそうだ。その上、バッターボックスに入ってからの「儀式」や、守備につくときの「仕草」からは学べたこともあったようだ。

   観戦した日は、プレーする選手全員が背番号「42」をつける特別な日、ジャッキー・ロビンソンデーだった。もちろんイチロー選手の背番号も「42」。「イチローさんの51番も見たかったけれども、でも何だか逆に得した気分になりました」と宮里選手は回想している。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中