2018年 7月 23日 (月)

万博ソング、岡本側が使用快諾で一件落着は納得できない

印刷

<テレビウォッチ> 上海万博のPRソングが岡本真夜の「そのままの君でいて」にそっくりだと指摘されていた問題で、作曲家は盗作を否定したものの、上海万博実行委員会から岡本側に楽曲使用を求める依頼があり、岡本側は快諾したという。

日本でも過去に

   そう聞いて番組司会のみのもんたは、「すばらしい」と評したが、コメンテイターの杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長は「岡本さんが快諾したからあれですけど、これは著作権侵害ですからね」とシブい顔。スポーツプロデューサーの三屋裕子は「謝罪はほしいよね」と、まるで著作権保有者のような顔で断じた。

著作権侵害

   さて、みのの言うように「すばらしい」のかどうかは置くとして、こうした形での事態収拾が特段「異例」でもないのはたしかだろう。日本国内でも、過去にヒットした曲の作曲者クレジットがいつのまにか変更され、事後カバーあるいは共作となった例はいくつもある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中