1家に1台 薄型テレビ人気支えているのは?

印刷

<テレビウォッチ> 液晶やプラズマなどの薄型テレビが、この1年で一気に普及したことがわかった。内閣府が発表した3月の消費動向調査によると、普及率は20年度の54・9%から14・3%伸びて69・2%に、台数では100世帯あたり30台増えて108・5台と1世帯あたり1台を超えた。2011年7月の地デジへの完全移行が迫ってきているのに加え、エコポイントが追い風になったようだ。

   薄型テレビを買っているのはどんな世帯が多いのか。内閣府の調査で普及率、普及台数とも比較的高いのは、世帯主の年齢では60歳以上、職種は「無業者」、一戸建ての持ち家である。これらを重ね合わせると、住宅ローン返済が終わっている年金生活者が浮かび上がってくる。今年から来年にかけては、定年延長が終わった団塊世代の本格リタイア、公的年金の"満額受給"が始まる。さらに、3Dテレビの参入などもあるから、薄型テレビ人気はまだまだ続きそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中