2018年 7月 18日 (水)

第2次事業仕分け直前!対象独法にアンケート

印刷

   23日からはじまる第2次事業仕分けを前に、番組は仕分けの対象となった事業を持つ47の独立行政法人にアンケートを行った。38法人から回答があったという。

理念を語りたい

   アンケートの「ムダな事業や類似事業はあるか」との問いに対して、「ない」が24、「ノーコメント」が14、ムダがあると認めた回答は0だった。また、「貴法人の存在理由は?」という質問には、「回答欄が足りないというぐらい、みなさん理念を語ってる」(岡安弥生リポーター)そうで、岡安によると仕分け対象事業者の多くは「(仕分け人に)理念はいいですからと言われるが、理念やビジョンを聞かずに仕分けできるのか」などと、理念を語る時間の足りなさに不満を持っているという。

「いや、違うんですよ」。

   コメンテイターの片山善博慶応大教授は「どんな役に立ってるのか、なんの成果があったかと聞いても答えられないから、理念ばかり言うんですよ」と、仕分け人なみに切り捨てた。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中