山崎宇宙飛行士の夫・大地「アッという間の2週間」

印刷

15日間の宇宙滞在を終えた山﨑直子(39)が無事、帰還した。出迎えた夫の大地(36)とスタジオ陣が国際電話を交わす。

   小倉智昭「奥さんは何を仰っていました?」

   山﨑大地「ミッションをやりとげた達成感があって満足しているということと、地球に帰ってきて重力の重さを実感して不思議な感覚だと言っておりました」

滑走路で結婚式

   番組はきのう(2010年4月20日)、大地が最近、出版された著書『宇宙主夫日記』で「結婚式を、宇宙から帰還したらすぐにやろう。赤じゅうたんを敷いてタキシードを着て待っているから、ウェディングドレスでシャトルから降りて来てください」とつづっていると伝え、成り行きに注目していた。

奥さんは何と?

   小倉がそのことについて尋ねると、大地は「礼服と妻が着るドレスは準備していた。が、滑走路の中に人が入ることは現実的でなくて難しかった」と述べた。

   愛娘の優希ちゃん(7)も「パパとママのかっそうろでのけっこんしきをとても楽しみにしていたので、見られなくてざんねんです」とコメントを出したそうだ。

   笠井信輔の「早めにセレモニーはやることになりますか」という問いに対しては、「ひっそりとできたらいいなと思います」と大地さん。

   最後に小倉が「2週間は長かったですか、短かったですか」と聞くと、「思ったよりも短かった。待ち時間が11年もあったので、それに比べてあっという間だった」と答えた。

   妻の夢がかなうまで長かったこと、その間、主夫として支えた苦労がにじむ電話内容だった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中