タニタのダイエット社食 スタジオで食べてみた!

印刷

ある料理本が話題になっている。「体脂肪計タニタの社員食堂」という変なタイトル。健康計測機器メーカーのタニタの社員食堂の49種類のメニューを並べたレシピなのだが、発行部数は15万部という。いったいなぜ?

2か月で15キロ減

   本の副題に「500kcalのまんぷく定食」とある通り、どれも低カロリーで、これを食べているタニタの社員たちが、確実にウエートを落としているというのだ。実際どうなのか、中山美香が社員食堂を訪れた。

噛みごたえ

   社員食堂のメニューは1日1種類だけ。だが、全部で100種類からの日替わりだから、飽きるということはないのだそうだ。カロリーはどれも 500kcal前後なので、毎日食べていると相当なダイエット効果が期待できる。ある女性社員は「服のサイズはダウンしました。3、4キロやせた」とニッコリだが、この程度は普通で、「9キロ」減ったという男性社員、「2か月で15キロ」という男性社員もいる。社食で体重に変化があったという社員が62%にもなるという。ホントかよ?

   この日のメニュー「ささみの衣揚げレモンあん定食」を実際に食べてみた中山。「痛い、アゴが。こんなに噛んだことない」と悲鳴を上げる。千切り野菜のサラダ、小松菜のおひたし、えのき茸の豆乳みそ汁が付くが、とにかく野菜たっぷり。これでカロリーを抑えているのに加え、硬めにゆでるなど歯ごたえも重視している。噛む回数が増えると、満腹感が強くなって食べる量が減るのだそうだ。社員も、「ときどきあごがくたびれる」と言うほどで、中山が噛む回数を計ってみたら、普通の定食では600回程度なのに、タニタの定食は1000回を超えた。社員もゆっくり食べるようにこころがけているという。

   加藤浩次は、「それいいと思うよ。いつもあせって食べてますもん」

   実際にスタジオでも試食。「うん、噛みごたえがある」とみな異口同音。

   おおたわ史絵は「子どもたちもこれくらいのを食べた方がいい」。

   「こういうのを子どものときから食べてたら、肥満にならない」と加藤。

   おおたわ「やわらかいものを早く、ひとりで食べていると、どんどん太る」

   加藤「実際、社員の方たちがやせているんだから……」

   うん、これは絶大な宣伝効果がありそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中