2018年 7月 23日 (月)

ニコラス・ケイジの増毛疑惑にスタジオ大盛り上がり

印刷

関根麻里の「週刊マリウッド」が、俳優ニコラス・ケイジの髪型の変化を話題に。額がかなり後退しているケイジは、髪をなでつけている写真で紹介されていたのだが、今度は髪を浮かせて、しかも金髪にしたというのだ。

時間を止める

   もともとニコラス・ケイジを「かっこいい」といっていたテリー伊藤は、金髪写真にも「これもかっこいいけど、サッカー選手にいなかった?」

増毛は嫌だね

   加藤浩次が、「え? アルシンド?」で大爆笑。

   テリーは「ちょっと、アルシンド的でいい」

   関根は「ロングな感じで……」というのだが、鹿島アントラーズにいたアルシンドといえば、カツラのCMだ。もう覚えている人は少ないかもしれないが。

   加藤は、「増毛してるんじゃないか」

   テリーも「増毛だと嫌だけどねぇ」と、東大教授のロバート・キャンベルを振り返った。

   キャンベルは、「増毛の究極。要するに後退したままを保つ」といい始めた。

   「時間を巻き戻すのではなく、いまで止める」(大笑い)

   キャンベルのおつむは後退が頭頂部までいっているんだから。隣のおおたわ史絵は、もう笑いが止まらなくなった。

   加藤が「増毛はどうですか?」

   キャンベル「ちょっと、やっぱりやってる」(爆笑)

   テリーは「ここで時が止まったんですよ」

   加藤が「急激にじゃなくて、自然になった」

   関根は、「ケイジは『イメージを変えるには髪がいちばん』といっているそうです」。ハリウッドでは、「髪を染めた(dyed)」を「死んだ(died)」とからかっているのだそうだ。「でも、かっこいいですよね」

   それはともかく、久しぶりに聞いたな、アルシンド。どうしているか。ジーコと組んで印象的なゴールを連発していたのは、もう15年以上も前か。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中