2018年 7月 22日 (日)

実在しない米元大統領がニュースコーナーで何度も登場

印刷

   「朝ズバッ!」は基本的に司会のみのもんたが主宰するオーラルで講談的な情報ワイド番組だが、この3時間番組には「JNNニュース」のお時間が何回かある。アナウンサーが原稿を1字1句きちんと読み上げ、さすがのみのもこのJNNニュースにはいっさい口をはさめない。いわば、番組において、みのの対極にあるともいえる報道の聖域のはずなのだが……。

ベンジャミン・フランクリン

   そのJNNニュースの中で、かなり仰天する間違いがあった。最新の偽造防止技術を盛り込んだアメリカの新100ドル札が紹介されたのだが、新しい紙幣には「引き続きベンジャミン・フランクリン元大統領の肖像」を使用していると伝えた。しかし、米国でベンジャミン・フランクリンという人物が大統領になったことはない。米100ドル札のベンジャミン・フランクリンは、アメリカ独立に貢献した政治家でもあるが、日本では凧で雷が電気であることを証明した科学者としてのほうが有名だ。

   「ベンジャミン・フランクリン元大統領」はその後の2回のニュースでも登場、番組内で訂正されることはなかった。誰も気づかなかったの?

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中