「舛添の隣には住みたくない。すぐクレームをつけられる」

印刷

「舛添新党」に参加が見込まれる議員たちの顔ぶれは、意外なほど魅力のないものだった。改革クラブのメンバーが中心で、番組によれば「みなさん参院選の改選を控えていて、『舛添さんはこの人たちに利用されたのではないか』とするメディアもある」(長谷川豊アナ)。

ネタにはなるけど

   小倉智昭が「政策が一致しているのか、政党助成金が必要だからなのか」と口にすると、時事通信解説委員長の田崎史郎も「政策目標を掲げないで政党話が優先している。『たちあがれ日本』と同じあやまちを犯している。あまりいい結果を生まないと見る人が多い」と説明。さらに、「ほかに同調者が出ない」とし、「舛添さんは自民党では不人気で、人望がない。ある総理経験者は『舛添さんの隣に住みたいか、谷垣さん(自民党総裁)の隣に住みたいか考えると、谷垣さんの隣の方がいい。舛添さんの隣に住むと、落ち葉が落ちただけでクレームをつけられる』と言っていた」と、「不人気」の理由を明かした。

政党助成金?

   コメンテーターの福田和也(慶応大学教授)も「出版の世界でいうと、あの人、本が売れない。週刊誌のネタにはなるけど、お金を出して支持する人は少ないというのが出版界のイメージだ」と話す。

   世論調査での「首相にふさわしい人物No.1 」人気も、先行きは危ういかもしれない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中