日テレ元キャスター・真山勇一「みんなの党」から参院選出馬

印刷

   日本テレビ系の情報番組「午後は○○思いッきりテレビ」などのキャスターをつとめ、2007年の東京・調布市議会選挙ではトップ当選した真山勇一(66歳)が、この夏の参議院議員選挙に「みんなの党」比例代表候補として出馬することを決めた。真山は「みんなの党」幹事長の江田憲司と近く、今年初めから国政への『転身』を打診されていたという。すでに、市議会の保守系会派「調布創政会」を脱退している。

   みんなの党は民主党、自民党が支持率を下げるなかで、その受け皿的存在となって急速に支持率を上げている。昨年夏の総選挙でも比例代表では社民党に迫る得票数となっており、知名度のある真山が立候補すれば当選は間違いない。みんなの党としては、真山に無党派層の票を集めて、比例で3人以上の当選を狙う。いよいよみんなの党が参院選の波乱要因になりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中