似た者同士を集めてトーク大盛り上がり

印刷

<アメトーク>アメトーークは雨上がり決死隊をメインパーソナリティとするトーク番組で、毎回ひとつのカテゴリーで集められた芸人が、それについてトークを繰り広げる。まさに芸人の才能を存分にいかした番組となっている。

人見知り芸人

   今回のカテゴリーは「人見知り芸人」。これは先日、ゴールデンの時間帯に放送されたもので、カットされた部分を中心とした放送である。結集した芸人はオードリーの若林のように人見知りと聞いて納得できる人もいれば、有吉弘行のように本当に人見知り? と思うような人もいる。こういった意外な面子が登場するのもこの番組の面白い部分だ。

   放送のなかで、芸人の控え室でのケーススタディを行った。番組ではもちろんのこと、控え室でも非常に明るい(うるさい?)FUJIWARAの藤本がここに座ったら、人見知り芸人はどこに座るのが一番『安全』かーーというような議論を繰り返すのだが、ここで人見知り芸人の本音が大爆発。バカリズムが「アントキの猪木さんは危険ですよ!よく分からないことをずーっと話していますからね」と言うなど、普段はわからないような芸人の裏側や関係があらわにされたりする。深夜枠らしい部分が垣間見える瞬間だ。

   人見知りを自認する芸人ばかりだから、静かな展開になりそうなものだが、むしろ普段以上の盛り上がりで終了。このあたりにアメトーークの面白さがあると私は感じている。

   というのも、今回のように、静かそうな顔ぶれを集めても、似たようなタイプだと、ただ単に芸人を集めたトーク番組よりもずっと盛り上がるのだ。短命化が進んでいるテレビ業界のなかで、久しぶりの長寿番組となるかもしれない。

YUKK

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中