叱咤激励!「蓮舫、優しくなりすぎ」「ガッツンとやれ」

印刷

   事業仕分け2日の内容が番組で伝えられると、司会のみのもんたは「事業縮減ばかりで追及が甘い。だいたい仕分け人が非常におとなしく温厚。もっと厳しいはずだった」とカミついた。

正義の味方

   コメンテイターの内野雅一・週刊エコノミスト編集長も不満げだ。

嫌われ者になれ
「嫌われ者がどんどん出るぐらいでないと。優しくなりすぎた。蓮舫議員もそうだと思う」

話は仕分けの「顔」である蓮舫議員の評価に移る。

   「(前回は)蓮舫さんの鋭さを叩くような風潮まであった。かわいそうですよね。正義の味方となってガツンガツンやってほしいと思ったけど、ちょっと遠慮してるんじゃないか」とみの。

   杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長が「前回ずいぶん批判されたんで、反省して今回はソフトに行くと本人が言っていた」と舞台裏を披露すると、みのは「嫌われ者になんなきゃダメですよ」と、すっかり蓮舫の応援団に――。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中