ウリは生放送に生バンド。好感もてるけど、ちょっと心配なこの問題

印刷

「ザ・ミュージックアワー」(TBS)2010年4月20日21時~

   「うたばん」の後番組「ザ・ミュージックアワー」がスタートした。以前にも書いたように司会の石橋貴明と中居正広はそのまま。変わったのは若干豪華になったセットと生バンド、そしてオープニングに登場する宝塚のバッタもんのようなダンサーたち。最大のウリは生放送ということらしい。
   この日の最初のゲストは柴咲コウ。2003年のヒット曲「月のしずく」を歌い、石橋・中居とトークを少々したあと、新曲「ホントだよ」を熱唱していた。今回の新曲は柴咲が大ファンだという小田和正に自ら依頼の手紙を書いて楽曲を提供して貰ったものだそうで、そんなエピソードや小田和正も参加したレコーディングの様子をVTRで見せるなど、今までの「うたばん」の脱線トークとは違うところは好感がもてる。この日のゲストはほかに徳永英明、坂本冬美。はむつんサーブというアニメーションダンサー。なんでもマドンナがYouTubeの彼らの動画を見て、PVに出演依頼が来た世界的なパフォーマーらしい。どうやら「うたばん」あらため「ザ・ミュージックアワー」は歌だけにこだわらず良質なエンターテイメントを提供する番組を狙っているようだ。
   ひとつ問題なのは、なまじ生バンドで生放送なんてことにしたために、中居も所属するSMAPに代表されるような歌が得意でない歌手たちが赤っ恥をかくなんてことにならないかということ。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中