2018年 7月 23日 (月)

いよいよ田中角栄に似てきた小沢は幹事長にしがみつく

印刷

   検察審査会の起訴相当の議決を受けて、VTRにもボードにもフリップにもテロップにも小沢、小沢、小沢。あの不機嫌そうな顔とかったるそうな声もテレビに戻ってきた。

刑事被告人

   番組はオザワで埋め尽くされた。

   「やましいところはない」と本人は主張し、民主党内には小沢おろしの動きもあるというが、鳩山首相はなんともはや続投を支持したそうな。

   番組コメンテイターの片山善博慶応大教授(前鳥取県知事)は、本人には辞める気はなさそうだという。「言葉は悪いが、ますますしがみつくのでは」と片山。小沢の師である田中角栄は、刑事被告人になっても権力を維持するために配下の議員を膨張させた。「なんとなく似た印象を受ける」とも言う。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中