2018年 7月 22日 (日)

地元で「小沢批判」の矢面に立たされる『ガールズ』たち

印刷

   検察審査会が「小沢幹事長は起訴相当」の議決を出した後、共同通信が行った世論調査(2010年4月28、29日実施)で、「幹事長を辞めるべき」とする回答が83.8%だったという。民主党への逆風は強くなる一方だ。

批判が無関心に変わる前に

   番組は元検察官で「小沢ガールズ」の山尾志桜里衆院議員(愛知7区)に密着、地元で厳しい声に囲まれる姿を伝えた。年配者が多い支持者たちとの対話では、「失望しっちゃった」「潔く身を引くべきだ」「小沢さんがいると負けちゃう」。厳しい集中砲火に議員はアタマを抱えてしまう。

辛いだろうな

   辻立ちの場でも、意見を聞かせてくれと近寄ると「バカなことをやらずに、まじめにやれって」「親玉をまず辞めさせましょう」と批判を受ける。励ましは見られない。山尾議員は批判の嵐に、「批判が無関心に変わる前に、民主党がちゃんと答える姿勢を示せるかどうかがカギ」と危機感一杯。

   キャスターの小倉智昭は「辛いだろうな、あれ言われると」と同情を寄せ、「(民主党は)どうなるんですかね」と、コメンテーターの谷山雅計(コピーライター)に振る。谷山は「僕自身は小沢さんの剛腕みたいなのが好きだ。会社の経営者でも、多少あくどさはあっても頼りになる人の方がいい」とし、「参院選で負けて連立となれば、うまく組めるのは小沢さんしかいない、という気持ちが民主党の中にはあるのでは」と語る。

   小倉は「逆に、いますっと辞めといて、参院選で勝ったら禊(みそぎ)が済んだと、また立て直しのためにやるというのはどうか」と言った。

   どう転んでも勝ち目は少ないように思えるが……。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中