エリカ離婚「迷宮劇場」 夫高城剛一転「発言差し控える」

印刷

   女優の沢尻エリカとの離婚が取り沙汰されている、クリエイターで夫の高城剛が2010年4月30日に再びブログを更新し、自身の考えを語った。

「日曜の夜から突如はじまった迷宮劇場は、収束する気配をいまだ見せません」

   渦中の本人は離婚騒動をこう語り、今回の件は「異常性の高さ」から、メディアに対しても自分の考えを示してきたつもりだった。だが連日、報道が繰り返される中で、

「ただの男女の問題ではないことは、容易に想像つき、違和感を感じている方も多いことだと思います」

と語っている。その上で本人は、自分が今、「対峙」しているのは、本来「対峙」するべき人とは違う、とした。妻ではなく、その背後にいる「人物」だといいたいらしい。そのせいで、高城への不自然なまでのバッシングが起きている、と感じているようだ。

「まだわかりませんが、それが妻の本意だとしたら、とても残念であり、僕はこのようなやり方が良いとは絶対に思いません」

   この件に関しては今後、プライバシーに関する問題であり、そして今は何かが決まっているわけではないため、メディアに対しての質問に答えることを差し控える、としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中