ラモス瑠偉 「人生が180度変わった日」

印刷

   元サッカー日本代表のラモス瑠偉が2010年4月29日のブログで、自身の記念日について語っている。

   ラモスにとって4月29日は忘れられないという。今からちょうど33年前、生まれて初めて日本の土を踏んだ日だからだ。親の大反対を押し切って飛行機に飛び乗り、サッカーで稼いで母親に家を買ってあげることを夢見ていた。

   当時は直行便もなく、羽田空港に降り立ったのは36時間後。あたり一帯、しょう油の匂いがしていたことを今でも覚えている。20歳の時のことだ。不安な思いの中、東京のチームに入団することだけを聞いていたが、連れて行かれたのは「よみうりランド」近くの山の中。その上、グラウンド横では、時代劇の撮影が行われていたため、江戸を再現したセットが置かれていた。

   撮影のある日は、役者がかつらをつけた着物姿で闊歩しているのを見て、ラモスは「日本人は未だにこういう格好で生活してるんだ」と呆然として、ホームシックになって泣いていたらしい。今でこそ笑い話であるが、当時としては真剣そのものだった。

   「ある意味33年前 人生が180度変わったその日でした」

   ブログにはラモスのこれまでを振り返る写真――デビュー戦や日本リーグ時代、Jリーグ・ベルディ川崎時代に日本代表時代――が多数掲載されており、本人は「しかし年取ったな~」と振り返っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中