アグネス「自分が悔しい」 涙のワケ

印刷

   タレントのアグネス・チャンが2010年5月2日のブログで、内戦の続くソマリアについて書いている。

   同日夜、NHKで「立ち上がる女性たち~アグネス・チャンのソマリア報告~」という番組が放送された。放送を観たら現地の人々を思い出してしまい、涙が止まらなかったという。戦争がなければソマリア人も普通に暮らせるはずだといい、「戦争を止めることが出来ない自分が悔しいです」。「どうすれば、より多くの子供達が守れるのか? 必死でユニセフと一緒に取り組んでいきます」と決意を新たにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中