2018年 7月 23日 (月)

オードリー若林 番組中の異様な脇汗

印刷

   アメトーークは雨上がり決死隊をメインパーソナリティとするトークバラエティー番組である。お笑い芸人を中心に、つんく♂などの音楽プロデューサーなど、さまざまな人が出演している。1時間の枠を主にトークで埋めているので、若手芸人にとっては自己PRの場にもなる。

顔は平静だけど

   いつもはあるカテゴリーのもとに結集した芸人によるトークであるが、この週はいつもとは違い、立ちトーークという机だけが用意されたスタジオで、特にカテゴライズされていない芸人によるフリートーク形式の放送であった。

   出演者は有吉弘行やオードリー若林、関根勤、フットボールアワー後藤ら、若手からベテランの芸人。フリートークだけに、面白い話をテンポよく出せるかどうか、若手には実力の問われる場面である。

   番組ではいろいろな話題が出た。フリートークでは話題をいかに自分に持ってくるかが重要だが、フットボールアワー後藤はやりとりに持って行くのが非常に上手い。後藤が話し出すたびに有吉がチャチャを入れていた。後藤はあまり本題を話すことができずないのだが、話は弾む。深夜テレビらしく、お決まりの下ネタトークもあり、番組的には比較的盛り上がったのではないだろうか。

   今回の放送で気になったのが、オードリー若林の脇汗のすごさである。顔は平静を装ってはいたが、彼の汗が彼の異状を物語っていた。いったい、彼は何にそんなに動揺していたのだろうか。ふと先日のアメトーークの場面を思い出した。ザキヤマである。ザキヤマとはアンタッチャブル山崎のことを指すが、極度の人見知りの若林にとって、暑苦しいほどに明るい山崎はモンスターである、と若林は話していた。番組中にザキヤマへの恐れよみがえって、異常な発汗を起こしたのだろうか。

YUKK

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中