2018年 7月 22日 (日)

あいまいナ番組 小倉優子・里田まいの活躍度

印刷

<あいまいナ!>まだ始まって間もない『あいまいナ!』は、身近に存在する曖昧なものに白黒つけていくという番組だ。アンタッチャブルの山崎弘也と矢口真里がMCを担当し、大沢あかねや小倉優子、里田まいなどがレギュラー出演している。

企画が次から次へ

   今回の放送では、まずゲストのハライチの澤部佑の勝負パンツを5枚の写真の中からレギュラー陣が当てるという企画から始まる。そして今回の本題「ガツンと言う」というあいまいな表現を解決する企画に入る。

   ここでは、番組のADがSM嬢に責められ、その中で最もガツンときたひと言を探るという実験をする。この後も焼き肉店でホルモンの焼き具合を尋ねたり、山崎があいまいなものを探るべくモデルのもとへ取材に行ったり、キリンビバレッジで企業戦士を癒す「clubあいまいナ!」を開催したりする。

   30分の放送枠なのだが次から次へと企画が出て来て、見ている方はついていけず、どの企画も中途半端で終わっているような気がした。「あいまいなものを解決する」のが趣旨の番組なのに、逆に番組自体が曖昧になってしまっている。与えられた時間が短すぎるからしょうがないかなとも思うが。

   1回目の放送ではスケジュールが合わずにスタジオ収録ができなくなったというほど、出演者は豪華だ。せっかく豪華な出演者がいるのに、これではその人たちを十分に活かせていない。番組の内容をもっと絞り、ひとつの企画に集中し、それに対してMCやレギュラー陣がもっと関われるような番組になってほしいものだ。

どらみちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中