衆参同日選挙を! ズッコケ鳩山もうこれしかないのか

印刷

   沖縄の普天間基地の移設問題では、「県外移設」は党のマニフェストではなく、個人的な努力目標でした――という鳩山首相のロジックがついに明らかになった。まさかいまさら、今頃になってそれはないだろうという展開。まるで映画で夢オチが出てきたような感じではある。

書類より軽い言葉

   これに対して、「書類のマニフェストより、代表の言葉が重くなくてどうする」(国民新党の下地幹郎国対委員長)といった異論が唱えられ、朝ズバッ!のスタジオでも「(下地の)おっしゃるとおりだ」(与良正男・毎日新聞論説副委員長)と声が上がるなど、こちらのほうが受けがよかったようである。

選択の雨、風、嵐

   「困ったモンだよねえ」と言う司会のみのもんたは、事業仕分けなどが「民主党になって実現した」などと政権を一部評価しつつも、『上層部がこれじゃあダメだね』という確信をさらに深めつつあるようである。

   結局、話の行き先は「これは衆参同日選挙やるかという声が出てもしかたない。もう一度、国民の選択の雨、風、嵐を吹かせないと」と、このごろの決り文句である「同日選挙を!」であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中