「ギリシャ危機」そういうことだったのか!

印刷

   ギリシャの経済危機について、番組コメンテイターで国際金融アナリストの末吉竹二郎が、太平の眠りを誘うまどろっこしい解説を続けてると、司会のみのもんたが「なにが原因ですか?」と話を遮った。

税金で食ってる人の方が多い

   ギリシャ解説2番手は杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長。

観光だけ

   「ギリシャって、観光だけで生きてて、輸出産業がない。ユーロ圏の国は経済状況に大きなばらつきがあるが、それを単一通貨ユーロのなかに閉じ込めてきた」などと言う。

   少々くすんだおじさんコメンテイター二人のあとは、本日のコメンテイター陣の『顔』(主役)で、顔も白シャツも目にまぶしいビジネス書作家の渋井真帆である。「ギリシャって特殊なんですよね」と口火を切り、人口1000万人で、就労人口400万人なのに、公務員が100万人いるという。ギリシャに公務員が多いとは、ほかでもよく目にする解説であるが、渋井はさらに「税金払ってる人より、税金で食ってる人のほうが多い国ですから」と歯切れよく断じて、ギリシャ通の面目を施した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中