加護亜依またあのネタかぁ。引っ張り出す番組も番組だ!

印刷

「カスペ! 芸能界の告白大ヒットに隠された壮絶人生SP!」(フジテレビ)2010年5月4日19時~

   元モー娘。の加護亜依。3週間ほど前にも「愛と怒りの激白SP こんな男やめちゃいな クズメン撲滅委員会!」(TBS)なる番組に出演し、アイドル時代につきあっていた元カレがいかにクズメンかというエピソードを得々と喋っていたが、今回またもやあの事件の真相を初告白とかなんとか。加護ちゃんが喫煙で解雇された話などもう世間はすっかり忘れているのに、まだそのネタで引っ張るかという感じ。そうまでしてテレビに出たいのか。もっともそんな彼女を引っ張り出してくる番組も番組で、人の不幸をどこまで食い物にすれば気が済むのだろうか。
   今回の初告白は母の再婚相手である義理の父の事業が失敗し、両親は離婚。母と障害をもつ弟、まだ幼く手のかかる妹らの生活の面倒を見なくなくてはならなかったことや、ある出版社から母と一緒に親子ヌードを出さないかという話を持ちかけられたというようなもので、いずれも週刊誌などで書かれていた話だったので、初告白と言われても特にインパクトはなかった。それよりも加護ちゃんは今、ジャズを歌っているそうで、ライブハウスで歌う様子が流されていたがほんのさわりだけ。彼女としてはそちらを宣伝したかっただろうに、番組が欲しいのは彼女の過去で現在には一切興味がないらしい。せっかくジャズシンガーという道を見つけたのなら、中途半端にテレビで激白していないで、ジャズ道を極めて貰いたい。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中