2018年 7月 19日 (木)

タコにビデオカメラ盗まれた!ダイバーと追いつ追われつ

印刷

   この世の災難というものは、どこにでも転がっている。少なくとも、当探偵社は経験主義的にそう請け合える。ときには、ひったくりに遭うこともあれば、買ったばかりの高価なビデオカメラを盗まれることだってあるだろう。だが、その犯人が「タコ」だと聞いたら、誰しもホラ話だと思うに違いない。

突然近づいてきて……

   これはYouTube(ユーチューブ)にアップされた動画で、実際の出来事だというのである。「octopus steals my video camera and swims off with it (while it's Recording) 」という題で投稿され、4月中旬から約1か月の間に、250万回以上再生されている。

   動画投稿者はオーストラリアの海でダイビング中、海底にひそむタコを見つけた。その姿を手にしたビデオカメラに収めようとしたところ、タコが突然近寄ってきた。フィクションの世界だと、ここでタコがスミを吹きかけるといった行動にでそうなものだが、意外なことに、タコの標的はカメラに絞られていたという。そして、恐ろしい吸引力でカメラを取りあげると、すたこらと泳いで逃げていった。

   被害者は追跡を開始し、5分間ほどのチェイスの末、タコに追いついた。念のために、水中銃を取り出したところ、タコは今度は水中銃に絡みついた。そのせいで、カメラは取り戻せたが、今度はタコが銃から離れないので困った。そのとき、あることに気づいた。タコは遊びたいのではないか? そこで、しばらくタコと一緒に泳ぐことにした――。これが「まるでピクサー映画のようだ」「こんなおもしろい動画は滅多にない!」と話題のケースの一部始終である。

   なお、タコがカメラを狙った動機については、単なる遊び心だったのかどうか、不明な点も多い。海の世界の景気悪化が一因ではないかとの見方もある。当探偵社では引き続き、事件の全容解明を進める方針だ。

ボンド柳生

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中