2018年 7月 22日 (日)

猫エサやり禁止判決に加藤一二三「今度は敷地外で飼う」

印刷

   将棋の加藤一二三元名人が、裁判で「猫のエサやり」を禁止されたとのニュースが番組内ではじめて俎上に上ったときは、「猫にエサやらなきゃいけないでしょ!?」と不審そうな表情だったみのもんただが……

禁止は敷地内だけ

   話が進んで、あらためてVTRで集合住宅の敷地内で野良猫多数にエサをあげていて、糞尿やらニオイやらで他の住人が迷惑に感じてるといった詳細が報告されると、みのは態度を急変。「集合住宅の人たちは迷惑でしょう」と腕を組み、眉をひそめた。

飼い猫にすればいい

   加藤一二三は「禁止」は集合住宅の敷地内しか効力がなく、次からは「敷地外」でやる意向だというが、それにも「敷地外ならいいのかよって、今度は敷地外の人が立ち上がるでしょう」と予言した。

   元野良猫を飼ってるというコメンテイターの吉川美代子TBS解説委員が、「加藤名人が猫好きで、1匹でも飢えないようにしてあげたいという気持ちはよくわかるし…」と同情すると、みのは「だったら、飼い猫にすればいい。しなきゃいかん」などとにべもない返事だった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中