岡本真夜「盗作騒動」振り返る 「温かく見守ってください」

印刷

   歌手の岡本真夜(36)が2010年5月14日、テレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」に出演した。中国上海万博のテーマソング盗作騒動を、司会のタモリとともに振り返り、騒動で話題となった楽曲「そのままの君で」を熱唱した。

   13年前の曲ながら、音楽チャートが急上昇し再び注目された曲は、どのような経緯で作られたか聞かれると、本人は「もともとは地元の大親友との話で、お互いに励ましあって夢をつかもう」という気持ちを込めたという。そのうえで、タモリが楽曲をめぐり意外なことになったことに水を向けると、「私としては事務所に任せていますし、曲を作ってみなさんに歌を届けるということが自分のやるべきことだと思っています。温かく見守ってください」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中