野菜が値上がりしたら国がキャッシュバックします

印刷

   今年の4月はキャベツ1玉が前年平均の198円から498円(番組調べ)になるなど、野菜の高騰がメディアで話題となった。しかし、5月も半ばを過ぎて、それも一段落ついてきてた今日この頃になって、小さな国会の壇上に立つ太田光総理(爆笑問題)は、野菜問題を取り上げるのだった。「野菜が値上がりしたら、その分を国がキャッシュバックします」というマニフェスト自体、どうもソーリらしくない。

「米、麦には価格安定制度がある」(森永卓郎)

   話を聞けば、この春、番組には野菜が高騰して困っているという国民(視聴者)の声が多数寄せられたという。そこで、天下国家を大上段に論じることが大好きな太田総理も、珍しく下々の感情を汲んで、前代未聞の法案提出に乗り出したらしい。

   その仕組みは、各野菜ごとに基準の値段を決め、もし小売店がそれ以上の価格で売ってたら、レシートを役所に持って行くと、現金で戻してくれる。小さな国会の法案賛成派の議員の意見を聞けば、これは日本人の生存権にも関わる格差問題のようだ。

「蛇口をひねったら水道水が出てくるが、水と野菜はイコールだと思う。新鮮な野菜を安定的に食べる権利がある。この制度は絶対やるべきだ」(タレント・田中義剛)
「米とか小麦などは、消費者価格を安定化する制度があるのに、野菜は価格を野放しにしている」(経済アナリスト・獨協大学教授森永卓郎)

野菜高騰は高血糖値を直撃

   森永はさらに「野菜の値段が高騰すると、金持ちは同じように野菜を食べられるけど、庶民が野菜を食べられなくなるという現実がある」と、「貧乏人の味方」の立場から持論を展開する。ちなみに、センセイは血糖値が高く、さきごろ医者から野菜中心の食生活に変えるよう指導されたという。

「血糖値高い人はどうするんですか!」

   ここで、政治コメンテーターの金美齢の出番が来た。「あなた金持ちなんだから、そんな貧乏ぶったこと言わないでちょうだい」と指差しながら声張り上げる。すると、森永センセイ、「私は大金持ちじゃない。ミニカー買っちゃってるからそんなにお金ないですよ」と持ち前のとぼけた反論で応酬。

   その様子を首相官邸で見物していた田中裕二秘書(爆笑問題)は、「しらねーよ。ミニカー買っちゃってるじゃねーよ」と年下のお笑いタレントでも見たかのように呟いていた。

   結局、法案は否決され、国民の声が小さな国会を動かすことはなかった。

ボンド柳生

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中