2018年 7月 22日 (日)

滝クリ「Mr.サンデー」ミヤネのアドリブ乱発に悲鳴

印刷

   滝クリがミヤネのアドリブ乱発に悲鳴を上げているらしい。浪速のみのもんたと呼ばれる宮根誠司とセレブ風の滝川クリステルという異色コンビで話題の「Mr.サンデー」(フジテレビ系日曜夜)だが、ミヤネの大阪ノリにアドレブが得意でない滝クリが当惑気味だというのだ。

   それも無理はない。滝川は世間からはタレントと見られているが、10年以上もニュース番組でキャスターを経験、自分では「報道畑」を自認していて、いずれは得意のフランス語や英語を生かして「海外特派員」のような仕事がしたいという夢を持っている。「Mr.サンデー」でもきっちりストレートニュースを伝えているが、一方でミヤネと夫婦役でコントもやらされる。

   今週(16日)は夫のミヤネに妻の滝クリがかぶりものもハゲかつらをプレゼントするお笑いで、やたらにはしゃぐミヤネに、滝クリは笑いをこらえるのに必死。次の台詞を言うので精一杯だ。掛け合いがギクシャクしてしまって、およそコントになっていないのだが、スタッフの狙いはその『ズレ』なのだから、滝クリには辛い。「何で私がこんなコトまで……」と内心で思っていることが、表情にありありとうかがえる。

   沢尻エリカの離婚騒動などの芸能スクープものに助けられて、なんとか10%前後の視聴率を維持しているが、ひとケタ台が続いたら、たちまち「ミヤネ・滝クリコンビ」の変更が検討されるかもしれない。

テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中