「ツイッター王子」ジャスティン・ビーバー登場。そつない16歳にスタジオ感心

印刷

   先週から予告が入っていたカナダのポップス歌手ジャスティン・ビーバーが「週刊マリウッド」コーナーに生出演、フランクなトークのあと、ダンサーを従えて歌ってみせた。

日本セクシーだね

   インターネットで歌ったのが口コミで広がり、あっという間に1億5000万ビューを超え、最初のアルバム「MY WORLD 2.0」が全米で3週連続1位になった。10代ではスティービー・ワンダー以来の記録。アルバムも600万枚を突破というシンデレラボーイだ。

人気でるわけだね

   ハイチ救済の「We Are The World 25 for Haiti」ではトップで歌い、甘いルックスも女性に大人気。一昨日の来日のときは、成田空港は女性の歓声でいっぱいだった。

   黒のパーカーで現れたジャスティンは、小柄でどこにでもいるような少年だが、雰囲気はやや女性的。受け答えもはっきりしていて、いまの「ジャスティン・フィーバー」には、「クレイジーで嬉しい。光栄です」

   加藤浩次が「100点の答えじゃないか」というと、「サンキュー、アリガトウ」

   「日本は?」には「愛してます」「大好きです」「セクシーだね」と日本語。

   加藤「16歳でセクシーだと」

   テリー伊藤「意味が違うんだ」

   「勉強どうしてるの?」

   「家庭教師がいる」(エー!)

   「友だちとは何をしてるの?」

   「普通のことです」などなど、物怖じなんてないらしい。

   ツイッター検索ワードでナンバー1、フォロワーは160万人で「ツイッター王子」の名がついた。なぜそうなのかを、ナマ歌とナマダンスで見せてくれた。曲はシングルでヒット中の「Baby」。

   他愛ない歌だが、ヒップホップ風のダンサー4人を従えて、踊って歌って、途中で関根麻里に寄り添ってみせたりとサービス満点。終わって関根と抱き合って拍手、拍手。

   テリー「人気でるわけだねー」

   直筆サイン入りのアルバムのプレゼントもあって、めだたしめでたし。

   「これからどうするの?」に、「20分後には帰国します」(笑い)

   これで16歳。大物の片鱗を見せていた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中