西原理恵子 居心地の悪かった「いいとも」

印刷

   漫画家の西原理恵子が5月18日(2010年)、「笑っていいとも!」の人気コーナー「テレフォンショッキング」に出演した。19日のブログでは、当日の正直な感想を書いている。

「映画の宣伝とは言え、汚れ漫画家、あんなお昼の綺麗綺麗な番組で居心地悪いことこの上なし」

   テレビ出演は苦手な印象が伝わってくる。続けて、「スタジオの誰このおばさん、私芸能人見たかったのに感にさいなまれ」とこぼす。

   出演にあたって花を贈ってくれた人たちに謝意を示した西原。本当はひとつずつブログに写真をアップしたかったようだが、実は出演5分後に、飾られていた花はすべて解体されてしまったという。

「今日はさくさく仕事してます。漫画家は漫画、書かんとね」

   本業に戻って、西原も少し落ち着いたようだ。慣れないテレビだったようだが、それでもこの日のブログには、番組の「100人アンケート」で該当者1人を的中させたときだけにもらえるタモリの携帯ストラップの写真がアップされていた。少しうれしかったのだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中