「普天間」5月決着目前 どう言い繕うかしか注目されなくなった鳩山首相

印刷

   普天間問題は、5月末の「決着」に向けて、とりあえず日米で合意しそうな気配だ――と番組は伝える。問題は、その内容が自民党時代の辺野古移設案とほとんど代わり映えしないものになりそうなことだ。

「県外……むずかしかったです」

   みのもんたは「(鳩山首相が)最低でも県外に移すと言ったのはどうなるんですか」と、憤然としてコメンテーターの与良正男・毎日新聞論説副委員長にたずねる。

どうなるんですか

   「むずかしかったです、と。それと、最近になって強調してるように、北朝鮮の(魚雷)問題などもあり、沖縄には抑止力としてアメリカ軍がいるんだ、と」と解説。

   かつて理想を語っていた野党党首も、最近は自民党時代の防衛大臣に転向してしまったかのようだが、与良によれば、米軍の抑止力などは最初からわかってる話であり、「いまさらながら学習したというのは大嘘」。方針変更を説明するための方便がそれしかないのだろうと言う。

   鳩山首相は、5月中には国民に向けて説明するんだとか。そこでいったいなにを語るのか。沖縄の人たちも注視するなかで、日米同盟の価値と米軍のありがたさを大いに讃えて見せるのだろうか。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中