北朝鮮「魚雷攻撃」 ソウル市民は冷静「支援してるのに裏切られた感じ」 

印刷

   韓国の哨戒艦が沈没した原因について、合同調査団は北朝鮮の魚雷による爆発と断定、発表した。ソウル市民がどんな気持ちでいるか、キャスターの小倉智昭が電話で尋ねた。

日米韓で外貨シャットアウト制裁

   チョン・ヨンスーさんという男性は「北朝鮮の行為であることは既定事実として報道されていたので、決定的証拠がどんなものであるかが大事な部分だった」とし、「結果、北朝鮮だったということで、市民感情としては、これだけ支援をしてあげたのにと、かなり裏切られたという反応が多い。でも強硬な軍事的対応については冷静に見ている。北朝鮮がいろいろやっているので、ある意味、鈍感になっているのかもしれない」と答えた。

ソウル市民に聞いてみました

   スタジオゲストのパク・トゥジン(コリア国際研究所所長)も「北朝鮮は挑発して韓国のパンチを食らうのを待っている。韓国は軍事行動をとるまい」と予測し、「外交的経済的政治的圧力をやるべきだとする意見が多い。09年に北朝鮮が核実験をやったときも、アメリカが厳しくやって北は非常なダメージを受けた。今回も日米韓が協調して外貨をシャットアウトすれば大きなダメージになる」と語った。

   折しもきょう(5月21日)、アメリカからクリントン国務長官が来日する。番組によれば、日本滞在時間は短く、夜には次の訪問地、中国に向かうらしい。鳩山首相との会談で話し合われるのも「イラン、朝鮮半島問題」がメインで、「期限切れ」が迫る「普天間」は二の次らしい。その程度の扱いなのである。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中