おちまさと長女誕生 「子どものプロデュース」楽しみ

印刷

   放送作家でプロデューサーのおちまさととタレントの越智千恵子夫妻に長女が誕生し、それぞれのブログで喜びを報告した。

   5月21日(2010年)10時2分に2842グラムの赤ちゃんが誕生した。おちは出産に立ち会い、発見したことがある。「出産に立ち会うと泣く」と聞いていたが、「泣くというより勝手に涙がこぼれる」ことがわかった。また、生まれたての赤ちゃんは「猿っぽい」「部長クラスのような容姿」と思っていたが、「意外としっかりしたヴィジュアル」で、妻に似て「小顔」だった。「何よりのギフト」と安堵している。いろんなものをプロデュースしてきたが、「子どものプロデュース」は初めてで、「これもまた楽しみ」という。

   妻の千恵子もブログで、「感動で言葉が出ずただ涙が溢れました」と出産の瞬間を振り返っている。(5月21日のブログ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中