ユーミン登場「いま思っているのは、かっこいい年寄りになりたい」

印刷

   トークコーナー「トークッス」にユーミンが登場した。この7月にはデビュー35年目に入るポップスの女王・松任谷由実(56)。実はナマではなく、14日の本番終了後の収録だったが、加藤浩次は「緊張しました」という。そのわけは――。

ギャラないときはオーラ出さない

   加藤はユーミンと初対面。実は少年時代に「北海道で聞いてて、なんてすごいところなんだろうと思った」と明らかにした。

「さん」付けなくていい!?

   その曲が「中央フリーウェイ(1976年)」、歌詞が「右に見える競馬場 左はビール工場」というやつだ。

   加藤「来てみてびっくりしました。詞がすごいんだなと」

   松任谷「その通りだった?」

   加藤「その通りじゃなかった(笑い)。北海道だから、東京にはどれだけすごい高速道路があるんだろうと……」

   テリー伊藤「普通の道路でしょ」

   加藤「普通の道路でした。普通の道路をあんな歌詞にするところがすごい」(笑い)

   ユーミン「ミュージックはマジック」

   加藤「ありがとうございます。いいお言葉」

   ユーミン「5000円いただきます」

   加藤「面白い方なんですねぇ」

   ユーミン「会うと、案外いい人だっていわれます」(爆笑)

   加藤が「ボクなんかが『ユーミンさん』と呼んでいいんですか」とおずおずと聞くと、「ユーミンでいいです」

   「さんとかつけずに!?」

   ここでテリーが「ミッキーマウスと一緒だから(爆笑)、『さん』をつけない。ユーミンは『ユーミン』でいいんです」

   スタジオでは視聴者からユーミンへの質問も紹介された。

   「足が長くキレイなのですか。キレイの源は」(40代主婦)に、「足は生まれつきです。顔だけじゃなくいろんなところがたるんでくるから、それなりに努力はしています」

   「どんな?」と加藤。

   「軽い運動とか食事とか……。通販グッズなんかもね」

   30代会社員からの「ユーミンのことわざがあるって本当ですか。ラーメンの湯気で髪を巻くとか……」

   「どういうときも色気を忘れないで、蒸気、エネルギーを大事にする」

   加藤もやっとリラックスしてきて、会話が弾む

   「ユーミンは普段何を食べてるんです?」

   「鍋なんか多い」

   「自分で料理も?」

   「しますよ」

   「買い物は?」

   「行きますよ。ママチャリで」

   「近所のスーパーとか! 客がアーッとなりませんか」

   「案外わからないみたい。ギャラない時にはオーラ出さない」(大笑い)

   26日、40枚目のシングル「ダンズのように抱き寄せたい」が発売だそうだ。映画「RAILWAYS」の主題歌。ストーリーに感動して書き下ろしたという。

   テリーが「このところの作品は優しい。少女に戻った感じ」と言うと、「子どもの頃、かっこいい年寄りになりたかった。途中でぶれても、いままたかっこいい年寄りになりたいと思ってます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中