上原さくら 33歳になっても大好きなもの

印刷

   タレントの上原さくらが5月23日(2010年)のブログで、33歳になってもつい夢中になってしまう遊びを紹介している。

   上原は「お恥ずかしい話」と前置きして、今でもゲームセンターが好きで、とりわけUFOキャッチャーが大好きなのだと明かす。何気なく歩いている時にゲームセンター前にあるUFOキャッチャーを見かけ、中にあるものが今にも落っこちてきそうだと、それが何であろうと欲しくなってしまう。この日もまさにそのパターンだった。

   ビーズで作られているチワワのキーホルダーが、100円で楽に取れてしまったのがいけなかったのかもしれない。UFOキャッチャー熱にとりつかれてしまった上原は、ゲームセンター店内へと進出。自分よりも10歳は若い子たちに混じって、さまざまなUFOキャッチャーを楽しんできたそうだ。

   ただし、いくつかがとれたにも関わらず、手当たり次第だったせいで、中には「これは、何だろう…?」というものもあった。本人は「さぁ、いかが致します??」と、その対処にちょっぴり困ってもいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中