ホントか!? 中国が時速1000キロのリニア開発計画

印刷

   「1000km!? はあ~」「すげえ」などと、司会のみのもんたが今朝一番驚嘆した様子のニュースは、産経新聞よりの記事。夢のような未来の次世代超高速列車の話である。

2020年実用化の目標

   中国が「真空リニア」技術を2020年ごろに実用化する目標で、研究をはじめたというものだ。記事によれば、リニアモーターカーを真空のパイプのなかで走らせることで、空気抵抗がなくなり、時速1000kmが出るという。ちなみに空を飛ぶジェット機は900km程だそうなんで、もし実現すれば、飛行機よりも速い乗り物になりそうだ。理論上は時速4000km出すことも可能。その場合は、なんと北京から米ワシントン(DC、たぶん)まで2時間で結べてしまう計算になるそうな。

乗りたくない

   かつて新幹線(快速)がホームを通過するスピードに驚いたというみのは、真空リニアのスピードに恐れおののき、「乗りたくない」とも繰り返した。もっとも、とりあえず日本にいる限りは、そう心配することもなさそうではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中