社民党・重野幹事長 小倉キャスターに「連立離脱の議論してない」

印刷

   キャスターの小倉智昭が「鳩山政権にとって運命の1日になりそうです」と切り出す。「普天間」の移設先を「辺野古周辺」として決着させたい鳩山内閣の中で、一人反対の姿勢を貫く福島消費者相(社民党党首)。日米共同声明に「辺野古」を明記することに抵抗、閣僚サインをしないと突っ張り続けている。閣議は全会一致が原則で、サインを拒む閣僚がいれば、首相としては罷免せざるを得ない。そんな事態になれば社民党の連立離脱があるかもしれない、というわけである。

福島罷免あるのかないのか

   もっとも社民党内は、どちらかかという連立離脱を避けたいとする意見が大勢のようだ。小倉が電話インタビューした重野幹事長も次のように語った。

両党とも損
「福島党首が罷免される状況をつくらないように努力している。サインを必要としない『首相発言』の方がいい。連立を離脱するとかしないとかの議論はうちの機関ではされていない」
「沖縄の歴史を振り返ると、本土に復帰していいことが何かあったか、と問われるほどの負担を強いられてきた現実がある。何としてもそれを克服していかなければならない。(社民党には)この政権の中で、そういう思いの方向に誘導していく役割がある。そのことを通して沖縄県民の期待に応えたい」

   小倉から「民主党にしてみれば、社民党が離脱してもそれほど影響がないのでは」と問われたスタジオゲストの田﨑史郎(時事通信)は、「国会の勢力図としては影響ないけど、政権のダメージはかなり大きい。鳩山さんは指導力がないと見せつけることになる。選挙の面でもマイナスだ」と語る。

   小倉が「どんな形になろうと、民主党も社民党も両方とも損をするような気がしてしようがない。前向きに考えられないところがある」と締めくくった。

   いずれにしても「最低でも県外」発言が発端となったのは間違いない

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中