代表GK川島永嗣 「悔しい気持ちはみんな同じ」

印刷

   サッカー国際親善試合のイングランド戦で好セーブを連発したGK川島永嗣選手が5月31日(2010年)のブログに、ワールドカップに向けた意気込みを書き込んでいる。

   キャンプが始まって以来、川島選手はプレーに集中するためにブログの更新を控えていたという。が、イングランド戦で多くのメッセージが寄せられたこともあって、少しだけ書きたいと、現在の胸の内をこう語っている。

「イングランド戦、ワールドカップに向けて結果として次に繋げていきたかった分、悔しい気持ちだったのはみんな同じだったと思います」

   相手がイングランドであれ、強豪であれ、本戦では相手に立ち向かわなければ「勝ち」はない。そんな中にあって、優勝候補とも見られているイングランドに惜敗したのが「また一歩前に踏み出せたんじゃないかとも思います」と前向きでいる。

「これからまた本大会に向けて、日本のプライドをピッチで表現していきたいと思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中